google adsense/ad/が一部で使用されています

【口コミ比較】コードキャンプのデメリットは?口コミ比較を通じて分かるCodeCampの特徴

  • URLをコピーしました!

オンライン指導に特化したプログラミングスクールとして、これまでに30000人以上の学習実績を出しているCodeCamp(コードキャンプ)

自立してキャリアの可能性を広げていくための「自走力を鍛える」指導方針のプログラミングスクールで、現役エンジニアが指導に当たっているスクールです。

そんなCodeCampについて、口コミ・評判についてを徹底比較し、効率的にエンジニアになるための秘訣を検証していきます。

こんな方におススメの記事です。

  • コードキャンプの特徴・ポイントを知りたい
  • コードキャンプの口コミ・情報を知りたい
  • 他のスクールとの違いが知りたい

尚、私自身エンジニア歴が約10年で、そのうち約3年はエンジニア採用責任者だったので、そういった経験からの意見も紹介していければと思います。

CodeCamp公式

目次

CodeCamp(コードキャンプ)のスクール特徴

運営会社 コードキャンプ株式会社
コース プレミアムコース・WEBマスターコース・アプリマスターコース等
価格 148,000円(税込)〜
期間 2か月・4か月・6か月(コースにより異なります)
言語 HRML/CSS・JAVASCRIPT・SWIFT・JAVA・PHP・MYSQL・PYTHON・RUBY等

上記の基本情報をもつコードキャンプですが、これまでに30000人以上が学んだスクールとして、TechAcademy等のプログラミングスクールと共に人気・実績の高いプログラミングスクールとして知られています。

プログラミング学校としての特徴は、以下の通りです。

コードキャンプの特徴

  • 完全オンラインで学習可能なプログラミングスクール
  • フロントエンド・バックエンド・アプリ開発まで幅広いコース
  • 東証一部企業の現役エンジニアによる授業・サポート
  • 早朝から夜遅くまで学習可能(7時~24時)
  • 予約変更が当日でも可能
  • 無料体験付き

コードキャンプで学習できるコース

コードキャンプでは、エンジニアへの転職支援、プログラミング・Webデザイン・ITリテラシーの習得など、目的に応じて学べる実践的なカリキュラムが複数用意されています。

  • CodeCamp GATE(転職成功プログラム)
  • オーダーメイドコース
  • Pythonデータサイエンスコース
  • Webマスターコース
  • デザインマスターコース
  • Rubyマスターコース
  • Javaマスターコース
  • アプリマスターコース
  • WordPressコース

レッスン満足度は97.1%

受講生の理解度や目標に合わせて、技術力の高い講師がマンツーマンで指導するスタイルで高い満足度を実現しています。

また、講師については現役のエンジニアのみを採用しており、選考通過率も17%と厳選した講師陣で構成されています。

公式サイト内に、言語コース別のカリキュラムが説明されていますので確認してみてくださいね。

CodeCamp公式

コードキャンプの口コミ&評判

良い内容の口コミ・評判

講師を自由に選べる

気軽に質問できる授業環境

講師によって、合う合わないは絶対あるので、自由に講師を決めることができる制度は、効率重視の学習に非常に良い制度ですね。

公式サイトで上記画面のように、現在の在籍講師が紹介されているので、興味のある方は閲覧してくださいね。

講師の質・対応が良い

優しい講師陣で構成

講座に満足

コードキャンプの授業を体験してみたけれど、よくできたカリキュラムだなぁって感心したよ。

コスパが良い

スキルアップのスピードを上げるため、複数のプログラミング学校を検討してみたけれど、今できる最善を考えた結果、先日体験を受けた CodeCampがコスパが最もよく感じたので 受講することにしました。

無料体験が良かった

無料体験で、無理な売り込みがない

引き続き、コードキャンプの悪い口コミ・評判についてみていきたいと思います。

コードキャンプの悪い口コミ・評判

質問が予約制

自分のペースで勉強できるのが長所である一方、質問が予約制なのは「スグに答えがほしい!」という場合は、不便を感じる制度かな、と思います。

講師によって当たりはずれがある

レッスンを受けてみたけれど、今日の先生は少し分かりづらかったので別の先生に変更しようと思う。

強制力がないので、缶詰詰込み型が好きな方には合わない

強制力がない為、だらけてしまう方も多く、集中的に技術をつけたい方にとっては、さほど魅力的には感じないスタイルです。

強制力がない環境でないと脱落する方も多いので、難しい所ですね。

モチベーション維持が難しい

学習する際によく言われる事なのですが、「最初に作りたい成果物」を決めないと、どの言語を学習しようとしても挫折するケースが多いです。

逆に最初に作りたい成果物・目標を設定してから、開発を始めると、効率よく学習が進められますよ。

CodeCamp公式

さいごに

コードキャンプの良い所・悪い所を見てきましたが、他の人の意見が悪くても、自身にとっては良い結果であったり、逆のパターンであったり様々ですので、最後は自身の目で確認してみるのが重要だと思います。

フリーランスをしていると、評判がよい顧客であっても自分には合わない所だったり、逆に評判とは違い、自分の肌にあったところもあります

コードキャンプの良い所は

ここにボックスタイトルを入力

  • 朝から深夜まで受けることが出来る個人レッスン
  • 強制力がなく自由に時間を使って学習をできるスタイル
  • 講師を自由に選択できるスタイル
  • カリキュラムの良さ
  • 講師・スタッフの対応の良さ
  • マンツーマンレッスン
  • コスパの良さ

逆にコードキャンプの悪い所は

コードキャンプのデメリット

  • 強制力がない
  • モチベーション維持が難しい
  • 予約が質問制
  • 講師の当たりはずれがある

という点です。その為、コードキャンプか他のプログラムスクールで迷った場合は、とりあえず複数のプログラミングスクールの無料体験を受けてみて、自身にあったプログラムスクールを選ぶのが正解かな、と感じます。

CodeCamp公式

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次