google adsense/ad/が一部で使用されています

【口コミ比較】ディラボのSNSでの評判を徹底調査!メリット・デメリットから見えるディラボのスクール特徴

  • URLをコピーしました!

一生使えるスキルを学ぶ”をコンセプトにした実践型プログラミングスクールである「ディラボ」

JAVA習得としたカリキュラムをメインとしており、言語開発力だけでなく、現場での立ち回りやプログラミングの論理構造を身に着けることを目的とした授業内容をもつスクールです。

そんなディラボについて、SNS上の口コミ・評判を比較分析してどのような特徴をもったプログラミングスクールであるかを見ていきたいと思います。

公式サイト:ディラボ

目次

ディラボの口コミ・評判


ディラボの口コミ・評判について、まだ歴史が浅い学校故に数は多くはありませんが、一定数ありましたので、特徴別に列挙していきます。

勉強&勉強以外の素朴な疑問も丁寧に教えてくれる

クラウドファンディングで資金調達して出来たスクール

メンタルサポート・キャリアカウンセリングが毎月利用できる

ディラボ提携の企業への就職あっせん・紹介あり

カリキュラムが超実践的


「初めて開発現場に入ったとき「本当に僕ってなにも知らないんだ」って気づかされた。カリキュラムが超実践型なので、これがこなせたのなら、現場でも実践できるだろう!という自信はあります。

 

入学前のカウンセリングでメリット&デメリットを全て伝える


「ディラボでは、入学前のカウンセリングでエンジニアの酸いも甘いも全てお伝えして入学前の不安に寄り添います。卒業してから現場で活躍できるために私たちが徹底的にサポートしていきます。」

このように、ディラボの口コミ・評判をまとめると

  • 超実践的なカリキュラム
  • 丁寧な授業
  • 提携企業への就職紹介・あっせん
  • キャリアカウンセリングの充実
  • 入学前のカウンセリングで、メリットだけでなくデメリットも全て伝える

といった口コミ・評判が見られました。

SNS上で見られる口コミの殆どが良い内容で、悪い内容が見られなかったので、引き続き、現役エンジニア目線で、あえて厳しめでディラボを見ていきたいと思います。

公式サイト:ディラボ

ディラボのデメリットは?

JAVAに特化(将来フリーランスを目指す人には・・・)

未経験で採用される現場が少ないため、就職件数が最も多い言語のJAVAに特化している所は良い選択肢であると思いますが、貴方が将来フリーランスを視野に入れている場合は、JAVAよりはPHPなどのWEB言語の方が柔軟性は高いと言えます。

※といっても、1つ核となる言語をマスターすれば、プログラミング言語はすぐに複数使えるようになるので、そこまで気にするポイントではないです。

スクールの歴史が浅い

ディラボは、設立から歴史が浅いため、大手スクールのような実績数は少ないです。
もし、あなたが新興のスクールではなく実績豊富なスクールが好みの場合は、テックアカデミーやテックキャンプといった大手のスクールで学習されることをお勧めします。

ディラボのスクール情報

コース別料金

コース名 金額
短期集中コース 598,000円
(月額:29,800円から)
エキスパートコース 798,000円
(月額:39,800円から)

短期集中コース(12週間)

  • オンデマンド講座
  • eラーニング学習
  • 1on1ライブサポート
  • チャットサポート
  • 実践型学習課題
  • メンタリングサポート(月2回)
  • キャリアカウンセリング(月1回)
  • オンラインMeetUpの参加(月1回)
  • 超実践型OJT開発
  • 卒業後の就活サポート(無制限)
  • 卒業後のキャリアカウンセリング(無制限)

エキスパートコース(24週間)

  • オンデマンド講座
  • eラーニング学習
  • 1on1ライブサポート
  • チャットサポート
  • 実践型学習課題
  • メンタリングサポート(月2回)
  • キャリアカウンセリング(月1回)
  • オンラインMeetUpの参加(月1回)
  • 超実践型OJT開発
  • Webサーバー・DBサーバー/構築~デプロイ
  • 卒業後の就活サポート(無制限)
  • 卒業後のキャリアカウンセリング(無制限)

キャンペーン

  • 毎月5名限定でMacbookまたはWindowsPCを無料でプレゼント

キャンペーンについては時期によって異なるので、詳しくは公式サイトにて確認してみてくださいね。

公式サイト:ディラボ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次