google adsense/ad/が一部で使用されています

【口コミ比較】DigSkill(ディグスキル)の評判は?格安&30日無料体験できるオンラインプログラミングスクール

  • URLをコピーしました!

「30日間の無料体験期間」が大きな特徴のオンラインプログラミングスク―ルであるDigSkill(ディグスキル)

今回は、格安の価格帯でJavaを学ぶことが出来るプログラミングスクールであるDigSkill(ディグスキル)について、口コミ・評判の比較を中心に、どのような特徴を持ったプログラミングスクールなのかを見ていきたいと思います。

公式サイト:DigSkill

目次

オンラインプログラミングスクールDigSkillとは?


DigSkillはJavaを中心として様々なWebアプリを作成できるオンラインプログラミングスクールです。
大きな特徴としては、

  1. 無料体験が30日と他のスクールに比べて長い
  2. 料金が格安(月額1,100円~あり)
  3. 学習内容はJavaを中心としたWeb開発

であり、完全オンラインで質問はいつでも対応可能なスクールです。

学べる言語・スキル

DigDkillでは、複数の学習コースが用意されており、それぞれのコースでは以下のスキルを学習する事が出来ます。

WEBアプリケーション開発コース


WEBアプリケーションコースではJavaのフレームワークであるSpring Bootを用いて、WEBアプリケーションの開発を学習する事が出来ます。

(ブラウザからユーザ登録、メッセージ投稿、編集・削除機能など様々なスキルをHTML/CSSやデータベースを含めて総合的に学習する事が出来ます)

上記WEBアプリケーションコースを各部門に切り分けた次の各々のコースがあります。

Servlet/JSP


演算等のプログラムを組み込んで動的なWEBページ作りを学習していくコースです。
Servlet/JSPを用いて、WEBアプリ開発の基礎を学習していきます。

データベース基礎


データベース基礎では、PostgreSQLを用いたデータベース操作の基礎を学習することが出来ます。
(MySQLやSQLServerなど他のデータベース言語で構築するアプリ開発も沢山ありますが、データベース言語は簡単なので、1つをマスターすれば他のDB言語への対応は容易にできます)

WEBレイアウト(UI)


HTML・CSSを用いてWEBレイアウトの基礎を学習するコースです。

programming基礎


programming基礎ではJavaを用いて言語の様々なスキルを学びます。
その他、VScodeや初心者が躓きやすいTerminalなどの環境構築についてを学習するコースです。

チーム開発・Git


共同開発する上で必須であるGitの使い方を学習し、メンバーとのソースの共有の仕方を学習します。

DigSkillの料金体系


DigSkillでは「ライトプラン」「スタンダードプラン」の2種類が用意されており、いずれも他社のプログラミングスクールと比べて格安の料金設定で運営されています。

ライトプラン

使えるサービス ・オリジナルカリキュラムの利用
価格(月額) 1,100円(税込み)

ライトプランでは、DigSkillのコンテンツを月額1,100円で利用する事が出来ます。

ただ、質問フォームが使えないので、独学でプログラミング学習できる方向けのサービスになっています。

スタンダードプラン

使えるサービス ・オリジナルカリキュラムの利用
・質問フォームの無制限での利用
・月1回(1時間)のオンライン授業
価格(月額) 22,000円(税込み)

スタンダードプランでは、コンテンツの利用に加えて、質問フォームの利用やオンライン授業を受けることが可能なプランになっています。

初心者が特に躓きやすい環境構築の方法であったり、言語の例外処理であったり至る所で躓くので、そういった場面で躓きを防ぎたい方にお勧めのプランです。

無料体験の期間が長い


Dig Skillの大きな特徴の1つとして、30日間の無料体験があります。
(他のスクールでは1回分の無料体験であったり、長くても1週間の無料体験といった場合が多いです)

この無料体験期間では、「カリキュラムの利用」「質問フォームの利用2回分」「マンツーマンオンライン授業1回分」が付いています。

その他、最新の情報についてはDigSkill公式サイトにて確認してくださいね。

公式サイト:DigSkill

Dig Skillの口コミ・評判について

Dig Skill良い評判

※2022年6月30日時点においては、SNSでは口コミ・評判が見られませんでした。
その為、その他の媒体に寄せられた口コミについて順次紹介していきますね。

スキマ時間を活用し働きながらスキルアップ


「仕事の将来性に不安があり、転職も視野に入れたスキルアップのためにプログラミングを学び始めました。講師の現役エンジニアの方に質問し放題なので、たくさん活用させていただきました笑」

興味のあったWeb制作のスキルを最短で習得


「学生時代にホームページを作ったことがあり、興味のあったWeb制作を学ぼうと受講を始めました。自分の興味のあるコースを自由に選べるので、最短ルートでスキルを身につけられたと思います。」

悪い評判

調査時の時点(2022年6月30日)では、良い口コミと同様、悪い評判についても,2019年サービス開始の比較的新しいサービスの為にありませんでした。

Javaが学べる他のスクールは?

スクール名 講座内容
レイズテック 価格
448,000円(一般)
288,000円(学生)授業回数:全16回(1回あたり120分)サポート:転職サポート・質疑応答 他
TechAcademy 価格(Javaコース)
4週間:174,900円(社会人)163,900円(学生)
8週間:229,000円(社会人)196,900円(学生)
12週間:284,900円(社会人)229,900円(学生)
16週間:339,900円(社会人)262,900円(学生)サポート:チャットサポート・メンタリングサポート 他
0円スクール 価格:無料
カリキュラム特徴:Javaに特化
※Javaを無料で学習&就職サポートしてくれる無料スクールです。
プログラマカレッジ 価格:無料
カリキュラム:アウトプット型の実践的な研修
※JavaだけでなくPHPなどの言語も含めて学習&就職サポートしてくれる無料スクールです。

DigSkillが月額22,000円のサービスであるため、もし学生の方であるならばプログラマカレッジなどを利用することで、無料でJavaを中心としたプログラミング学習を習得できるので、コスパ的には良いと思います。

もし、社会人であり且つエンジニアに転職希望の方である場合はテックアカデミーが専門実践教育訓練給付の対象となっている為、最大7割が還元されるので、テックアカデミーの転職保証コースで学習する方がコスパ的には良いと言えます。

DigSkill公式

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次