google adsense/ad/が一部で使用されています

【未経験】ITエンジニアが未経験・スキルなしでフリーランスになるべき?【結論:まずは就職がおススメ】現役エンジニアが解説

  • URLをコピーしました!
こんな方におススメ

・未経験からフリーランスエンジニアを目指すかいったん就職してからフリーランスになるか迷っている方

エンジニア養成学校や一部のインフルエンサーを中心に、「未経験からフリーランス」をやたらと推奨する風潮がありますよね。

私自身、IT企業に就職してからフリーランスになり、再度IT企業に引き抜かれて今に至る過程で多くのフリーランスエンジニアを見てきました。

そういった経験を通して「未経験でフリーランスエンジニアになるのは、はたしてキャリアにとってお得なのか?」に焦点をあててお話したいと思います。

まずは結論から。

結論
少しの期間でもいいのでフリーランスを考えている同職種に短期間でも良いので就職する事をおススメします

どうしてこのような結論になるのかを以下、説明していきます。

目次

未経験→フリーランスエンジニアにはなりやすいが

「月100万以上貰えるからフリーランスに未経験から目指してみた」という声を信じて未経験からITエンジニアに飛び込む方が数多くいます。

しかも、YOUTUBEやインスタなどでインフルエンサーの方が頻繁にノマドワーカーを勧めており、影響される方もますます多くなっています。

実際、ITエンジニアは不足しており、フリーランスとなれば単価が非常に高くなる事は事実としてあります。

私自身、IT企業でPM等を経験してからフリーランスに転身した過去があるのですが、月100万は普通に超えていました。

未経験からフリーランスになる方も月100万円以上稼いでいる方も中にはいるとは思います。(数は少ないですが・・)

しかし、多くの未経験フリーランスの方は単価が低いのが実情です。

未経験からフリーランスを目指すのに勧めない理由

1:実務経験が無ければ単価が低くなる

実務経験や実績がなければ、仕事の成果への期待値が下がるので、単価は低くなります。

クライアントの立場で考えてみれば分かることですが、やはりクライアント側の心理として「失敗したくない!」気持ちが殆どなので、実務経験が無い方に対しては難易度が高い仕事を任すことができません。

その為、仕事をえらえたとしても単価が低くなりがちなので、単価が低い仕事をこなしながら自らの価値を高めなければならなくなります。

下記のクラウドワークスのサイトを見れば価格交渉権が発注元の方が優位的なため、単価が低くなりがちになってしまいます。

クラウドワークス

2:未経験の場合は、案件を得るハードルが経験者より高い

現在、フリーランスエージェントとして、以下のような大手の業者がありますが、未経験だと担当者から良い案件を紹介してもらいにくいです。

大手のフリーランスエージェント例

大手のフリーランスエージェントは取り扱い案件が多いので、未経験でも案件が回ってくる事も多いのですが、やはり単価の高い案件は経験者に優先で回ってくる傾向が強いです。

また、エージェントに頼らずに自身で探す手段としては以下のような手段があります。

自身で探すサービス

ただ、クラウドワークスを見ても分かるように、単価的には低いケースが多いです。

3:予想外の時に助けてくれる人脈が無い

フリーランスの場合は会社と違って助けてくれる方が基本的にはいません。
その為、プログラミングなどで分からない箇所が発生したり、バグの解消法が分からない場合でも、自分自身で解決しないといけません。

自分自身も経験が浅いときは、分からない箇所が沢山あったので、周りの出来る上司や先輩に解決方法を聞きながら、自分自身のスキルにしていきました。

現在では、よほどの事が無い限り、あらゆるトラブルを一人で対処できますが、経験の浅い時期に想定外のバグが発生して、周りに聞く環境が無い場合は、、、考えるだけでも怖いです(笑)

4:即戦力としての仕事を相手から期待される

どんな職種であっても、プロとして案件を請け負う以上は相手も未経験としてではなく即戦力としての働きを期待します。

その一方、未経験からいきなりフリーランスになった場合、どうしても仕事スピードなどの面で経験者と差が出がちとなります。

そのため、慣れるまでの数か月は経験者に比べて、より多くの作業工数をかけることになってしまいます。

5.システム開発以外にも身につけておく事がある

フリーランスと言っても、1つ1つ案件を受注して納品して稼ぐタイプの仕事もあれば、1人月いくらといった形式で契約するパターンもあり、特に案件受注型であれば、見積書の作成など自分一人ではなかなか学習する機会が無い技量が必要とされます。

システム会社に就職しておけば、仕事を通じて見積作成を学ぶ事もできますし、その他共有の仕方、打ち合わせの手順など開発には直接関係ないけれど重要な技術を身に着けることが出来ます。

未経験からフリーランスの場合はWEB系がおススメ

かといって、どうしても就職を経ずにいきなりフリーランスにならざる環境に置いている方もいるでしょう。

そんな未経験フリーランスにおススメなのが「WEB系エンジニア」です。

理由は以下の2点

  1. 比較的習得しやすい言語
  2. ノマドワーカー的な働き方が可能

習得言語は以下ような物が主流で、どちらかと言えば習得しやすい言語です。

  • HTML/CSS
  • PHP
  • WordPress
  • Javascript、
  • SQL(MySQL・PostgreSQLが主流)
  • JQuery
  • Git

その他、必要に応じて業務に必要な言語・技術を習得していく必要があります。

具体的なイメージをつかむためには、がっつり勉強する前に、Udemyなどで、初心者向け講座を1500円程度で1つだけ購入してみる事をおススメします。

プログラミングスクールにいきなり入るより、まず基礎の雰囲気をつかんでから入る方が後々のパフォーマンスにも差がついてきますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次