google adsense/ad/が一部で使用されています

【口コミ比較】レバレッジエディットの評判は?コスパは良い?動画オンライン講座の評判は?徹底調査

  • URLをコピーしました!
疑問・悩み
・レバレッジエディットの評判が知りたい!
・レバレッジエディットで悪評はあるの?
・レバレッジエディットの動画スクールとしての特徴は??

この記事では動画編集スクールのレバレッジエディットの上記の疑問に対して、様々な口コミ・評判の比較、どのような特徴を持ったスクールなのかを詳しく紹介していきます!

公式サイト:動画編集オンライン講座【レバレッジエディット】

目次

レバレッジエディットのサービス特徴

サービス名 レバレッジエディット
カリキュラム ・Youtube編集コース(Premire Pro)
・モーショングラフィックス(After Effect)
・サムネイル制作
サポート ・LINEでの無制限の質問
・オンラインサロンの参加 ほか
受講場所 オンライン
価格 59,800円

レバレッジエディットは「”稼げない”動画編集者からガンガン仕事が舞い込む動画編集者へ!」をモットーとしたオンラインの動画編集サービスです。

実践的な動画編集スキルを「体系的」に「最短」で学べる動画学習教材として人気が出始めている教材で、講師は「すずしろ」さん。

「学生時代から、元々趣味で映像制作をしており、その繋がりで制作会社に入社。1年間、Vtuber系のハイクオリティ動画の編集や映像制作、Web広告に携わる。大手との企業案件もこなす傍ら、登録者25万人超えのYouTubeチャンネルのディレクションもこなす。1年ほど働いた後、フリーランスとして独立。取引先企業にて、社内教育用に作っていた動画講座を、社外に出してほしいとの声が大きくなり、今回、講座化させていただきました。」

アニメーション動画を使用してハイセンスの動画を作成するのが得意な動画編集者の方で、動画制作会社で勤務した後に独立して、動画編集者としてフリーランスで働いている方です。

取引先企業にて、社内教育用に作っていた動画講座を、社外に出してほしいとの声が大きくなり、今回、講座化したとの事。

そんなレバレッジエディットの特徴は以下の通り

  • プロの編集を完全再現する学習カリキュラム
  • 高単価の案件が獲得できるまでの徹底サポート
  • サンプルをいじるだけから卒業できる学習の体験
  • 講座受講生は会員限定グルーポに招待
  • 認定クリエイターにると、定期的なお仕事を提示してくれる

このように、「単に案件を獲得できるまで」ではなく、「高単価の案件が獲得できるまで」をサポートする事を目的としているのが他のスクールとは異なる大きな特徴です。

ちなみに、カリキュラムのサンプルについては、公式サイトで見ることができます。


授業の雰囲気なども分かるので、検討する前に公式サイトで一度確認してみてくださいね。

レバレッジエディット

レバレッジエディットの口コミ・評判


引き続き、レバレッジキャリアの口コミ・評判を見て行きたいと思います。

チームメンバーからも好評

AEの講座が他のスクールより多め

レバレッジエディット経由で案件獲得

3か月間で大幅成長した

学習について、いつでも振り返ることができる

レバレッジエディット受講1か月で5000円以上の案件を獲得

授業料が安い

※因みに上のツイートで比較対象にしたいたMovieHacks(skillhacksの動画編集クラス)も動画編集サービスとしては授業料が安いです。

不明点はサポート

初心者はAdobeの操作の初歩に慣れてからの方が良い

因みに、Adobeなどの基本については、Udemyの講座でサクッと基本を見てからレバレッジエディットの学習になれると効率面で良いと思います。

レバレッジエディットで学ぶメリット・デメリット

レバレッジエディットで学ぶはメリットは7つ

  1. コスパが良い
  2. 動画コンテンツが分かりやすい
  3. 回数無制限で質問が出来るサポート
  4. 短期間で大幅成長できる
  5. プロからの課題添削・指導
  6. 受講生限定のサロン
  7. 認定クリエイターになると案件が貰える

このような事が口コミで語られていましたが、特に多い口コミとしては「短期間で大幅成長」という側面の口コミでした。

知識ゼロから始めて数か月で案件を継続的に獲得できる動画クリエイターになっている方が多く、まじめに取り組めば、「動画編集クリエイターとして収入を得れる」というのがレバレッジエディットの魅力と考える方が多いです。

レバレッジエディットで学ぶデメリットは3つ

では逆にレバレッジエディットで学ぶデメリットについては以下の3つです。

  1. 通学でのサービスは無い(オンライン限定)
  2. 実績自体はまだ少ない
  3. Adobe CCについては自費購入

レバレッジエディットはオンライン限定の動画学習サービスなので、通塾して直接講師に尋ねたい方にとっては不向きな学習サービスです。
逆に言うと、場所を選ばずに受講できるので、いろんなスタイルの方に合っているとも言えますね。

また、サービス自体がまだ新しく実績が少ない点も。
沢山の実績を持つ学校で学びたい方は、テックアカデミー動画広告クリエイターコースなどで受講する事をおススメします。

そして、Adobe CCの年間ライセンス費用が別途必要となります。
これは動画編集をする方にとっては必須の費用となるのですが、年間で約7万円いるので地味に高いですよね。

料金について

レバレッジエディットの特徴の1つとして、料金が安い事が口コミなどでも取り上げられていましたが、実際に他の動画編集サービスと比較しても料金は安いです。

動画編集スクール 金額
レバレッジエディット 59,800円(買い切り・オンライン)
MovieHacks 69,800円(買い切り・オンライン)
TechAcademy 427,900円(12週間)~592,900円(24週間)(オンライン・通塾)
MOVA 月々26,800円(1年間・24回払い)(通塾)

やはり実際に通塾することはできないけれど、その分圧倒的に価格が安いのが特徴です。

多くの方が比較検討に入れているのがMovoeHacksですが、MovieHacksと比べて1万円ほど更に安くなっています。

詳細については、公式サイトにて確認してみてくださいね。

レバレッジエディット

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次