google adsense/ad/が一部で使用されています

【Anvil】Pythonだけでアプリ作成できるAnvilを詳しく解説【OSS化】

  • URLをコピーしました!

PythonだけでWebアプリケーションを開発できるフレームワーク/エンジンとして2017年にリリースされたAnvil。

2020年6月にOSS化されたとのことなので、どのような物なのかを確認したいと思い、実際に試してみました

公式サイト:https://anvil.works/

目次

Anvilってどんな開発環境?

PythonだけでWebアプリを作成可能

「Anvil」は2017年に英ケンブリッジ大学のコンピュータラボラトリーからスピンアウトしたAnvil社が開発したWebベースの開発環境です。

主な特色としては、「PythonだけでWebアプリが開発可能」ということです。

普通、Webアプリを構築する際はPythonだけでなく、Javascript等の複数の言語をミックスさせて制作します。

Pythonは機械学習などには強いけれど、デザイン面に弱い特徴があります。

その為、複数の言語・複数のフレームの知識が必要となるのですが、Anvilでは、AnvilのIDE(統合開発環境)を用いることで、Pythonのみの知識でWebアプリの開発が可能になりました。

なんだか、すごく便利そうですね

無料プランと有料プラン

プラン名 金額(月)
FREE 0$
INDIVIDUAL 49$
BUSINESS 299$
PRO 649$

金額はFREEから月額649$まで分かれており、無料範囲だと、すべての機能が使用できないなどの制限はありますが、簡単なアプリケーションなら十分FREE版で対応できます。

DASHBOARDは英語表記

Anvilのダッシュボードはこのような感じです。
(イギリスの会社のサービスなので、表記は英語)

作成画面は視覚的


作成画面はこのような感じで、Wordpressのような印象を受けました。

DesignとCodeで切替が出来、作成したコードを視覚的に確認できるように設計されています。

また、下記のようなToolBox(WordpressでいうAddQuicking?のようなもの)が設置されており、視覚的にアプリを作成できるようになっています。

データベースはPostgreSQLで構築

AnvilのデータテーブルはPosgre上に構築されたデータベースシステムを採用しており、スキーマの定義が比較的容易にできるようになっています。

簡単なアプリ~複雑なアプリまで作成できる

Anvilを利用することで、簡単なTodoアプリから、Covid19のアプリまで様々なアプリが現在作成されています。

ただ、表記がすべて英語なので、普通にVisualCodeなどを基にして、Html・Css・Python等を用いて作成した方が楽な方も多いと思います。

2020年6月よりOSS化しているので、興味のある方はAnvilでPythonのみでWEBアプリを作成してみてはいかがでしょうか!

Anvil公式サイト

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次