google adsense/ad/が一部で使用されています

【料金比較】RaiseTechの受講料金は高い?コスパは?他のスクールとの比較検証

  • URLをコピーしました!
こんな方にお勧めの記事です

・レイズテックのスクール料金について、他の学校との比較をしたい
・レイズテックはコスパの良いスクールなのか気になる

この記事ではレイズテックについて、スクール料金にスポットを当てて、競合スクールとを比較しました。
スクール内容と料金のコスパなど、どのような特徴を持ったスクールなのかを見ていこうと思います。

公式サイト:レイズテック

目次

RaiseTech(レイズテック)のコース&授業料金

他のスクールとを比較する前に、レイズテックのスクール料金&特徴についてみていきたいと思います。

コース名 受講料金
Lステップコース 一括:298,000円
分割:16,584円~ または   一括398,000円
学割:12,417円~ または 一括298,000円
デザインコース 一括:348,000円
分割:14,500円~
学割:月々10,334円~ または 一括248,000円
WordPress副業コース 一括:348,000円
分割:14,500円~
学割:月々10,334円~ または 一括248,000円
AWSフルコース 一括:448,000円
分割:18,667円~
学割:月々12,000円~ または 一括288,000円
Javaフルコース 一括:448,000円
分割:18,667円~
学割:月々12,000円~ または 一括288,000円
受け放題コース 各受講料プラス79,800円
(関連のあるコースが追加で受講でき、受講期限は無期限)

各コースの授業期間は約4か月で、受け放題コースのみ約1年間となっています。

それぞれのコースでは、学ぶ授業内容はそれぞれ異なりますが、各授業共通として以下の6つの内容が含まれています。

1:現役エンジニアによるオンライン授業

週1回2時間のオンラインライブ授業で学習します。万が一欠席しても授業の録画を見て学習することができます!過去の動画も見れるので、復習も可能です。

2:半永久的なオンラインサポート

受講中はもちろん、受講終了後も質問は回数、内容ともに無制限。さらに、個人面談・補講などで徹底的なサポートが付いています。

3:情報共有がさかんなコミュニティへの参加

オンラインコミュニティ上で講師や他の受講生たちと情報交換ができます。「もくもく会」などの作業会やイベントもたくさん開催されています。

4:転職・就職・案件獲得のサポート

ポートフォリオや履歴書の添削など、就職・転職・案件獲得の支援を行います。転職クエストとも提携し、受講生第一のサポートをしています。

5:随時追加される動画教材を半永久的に見放題

授業では詳しく説明できない基礎の部分など、学習をサポートするための動画教材を半永久的に見ることができます

6:オンライン飲み会やオフ会での交流

自由参加のオンライン飲み会やオフ会を不定期で開催しており、講師や他の受講生と交流することができます。

詳細は公式サイト・無料説明会(毎週金曜日20時に開催)で詳しく知ることが出来るので確認してくださいね。

RaiseTech公式サイト

レイズテックと他のスクールとの授業料&料金比較

デザインコース

学校 コース名 価格 その他
レイズテック デザイン 16週
一般:348,000円
学生:248,000円
・チャットサポート
・案件サポート
TechAcademy WEBデザイン 16週
一般:339,900円
学生:262,900円
※先割・友割あり
・週2回メンタリング
・チャットサポート
・案件サポート
Cucua WEBデザイン 1か月16,500円
(4か月:66,000円)
・キャリア支援
・入学金(165,000円)
CodeCamp WEBデザインマスター 4か月:528,000円 ・オープンバッジ取得可
ZeroPlus WEBデザイン 4か月
オフライン:547,800円
オンライン:547,800円~712,800円(個別)
・案件サポート

競合スクールとデザインコースについて比較すると、価格的には高くもなく安くもない価格帯でデザインコースが提供されています。

各デザインコースを比較すると以下の通りです。

  1. 到着地点の高さとコスパ両方を基準に選ぶなら「テックアカデミー」
  2. 価格重視の場合は「Cucua」。※テックアカデミーと比較する場合は価格もサービスも同程度であるので、期間限定割引が使えるか否かで決定するのも良いと思います。

AWS

AWSの技術を学べるスクールの比較をすると以下の通りになります。

スクール名 講座内容
レイズテック 価格
448,000円(一般)
288,000円(学生)
授業回数:全16回(1回あたり120分)
サポート:転職サポート・質疑応答 他
TECH::CAMP 価格
657,800円
(短期集中プラン ※給付金適用→197,340円
877,800円
(夜間・休日プラン ※給付金適用→317,800円
授業期間:最短10週間~サポート:転職サポート・質疑応答・転職保障(39歳まで)他
CodeCamp 価格
495,000円(60回プラン)
385,000円(40回プラン)
275,000円(20回プラン)
※別途30,000円(入学金)が必要となります。
サポート:チャットサポート・目標設定カウンセリング
侍エンジニア塾 価格
594,000円(12週間プラン)
880,000円(24週間プラン)
1,089,000円(36週間コース)
※エキスパートコースの価格サポート
マンツーマンレッスン・チャットサポート 他

競合スクールと比較すると、ポイントは以下の通り。

  • レイズテックはAWSをコースとして専門に学習できるのに対して他のスクールは、コースの中の一部として学習するスタイルです。
  • 価格面でみると、社会人の方の場合はテックキャンプが最もコスパが良いです。

JAVAコース

Javaの習得を目指すコースを設置しているスクールで比較すると以下の通りです。

スクール名 講座内容
レイズテック 価格
448,000円(一般)
288,000円(学生)授業回数:全16回(1回あたり120分)サポート:転職サポート・質疑応答 他
TechAcademy 価格(Javaコース)
4週間:174,900円(社会人)163,900円(学生)
8週間:229,000円(社会人)196,900円(学生)
12週間:284,900円(社会人)229,900円(学生)
16週間:339,900円(社会人)262,900円(学生)サポート:チャットサポート・メンタリングサポート 他
0円スクール 価格:無料
カリキュラム特徴:Javaに特化
※Javaを無料で学習&就職サポートしてくれる無料スクールです。
プログラマカレッジ 価格:無料
カリキュラム:アウトプット型の実践的な研修
※JavaだけでなくPHPなどの言語も含めて学習&就職サポートしてくれる無料スクールです。

競合スクールを比較すると、次のポイントが見えてきます。

  • Javaに関して言えば、レイズテックはややコスパ的には悪いかなと感じます。
  • また、無料で学習できるスクールもあるので、未経験から就職狙いの方は、そういうスクールで勉強するのもおススメ(プログラマカレッジなど)

※個人的な感想としては、0スク・プログラマカレッジの2校を比較するならば、個人的にはJava以外の技術を総合的に学習できるプログラマカレッジのほうが魅力的には映りました。

さいごに

エンジニア転職の特徴としては、最初は未経験転職となるので年収は下がることを覚悟する必要がありますが、数年のキャリアと共に一気に収入が上がるのが魅力的です。

スクール事に特徴があり、コスパもそれぞれ異なるので、どのスクールが良いのか迷いますよね。

とは言いつつも、まずは一歩を踏み出さなければ何も始まらないので、行くにせよ行かないにせよ無料説明会に出席してみることをおススメします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次