books

【専門書を高く売りたい!】買取相場が高いショップはどこ?複数店舗の口コミ評判を比較

各種国家試験・公務員試験などが終わり、無事合格となると、新生活に向けて新しい家具などを揃える方が多いと思います。

そんな物入りの時に、今まで使用していた参考書・問題集・専門書を処分して1円でも多く新生活の資金にしたいところ。

という事で、専門書を中心に、試験参考書に特化して、高く買取査定のしてくれるところを紹介していきます。

専門書が高く売れるネット買取店・古本屋

ブックスドリーム

大学の教科書・専門書・医学書・参考書・予備校テキストなどの専門書の買取に強い買取業者のブックスドリーム。

主な買取相場は以下の通りです。

専門書の種類点数金額
医学書・医学専門書165点約60000円
言語学・心理学専門書・洋書90点約33000円
物理・数学・コンピュータ90点約33000円
医学書・医学専門書75点約26500円
司法試験・司法書士65点約26500円
医学部学士編入テキスト20点約15000円
法律書・大学教科書30点約10000円
経済書・大学教科書30点約10000円

(本の状態・種類などによって買取金額が変化します)
専門書の高価買取を標榜するだけあって、買取金額が一般の買取本屋にくらべて非常に高価な価格帯で買取してくれるところに大きな特徴があります。

また、買取査定が10冊以上で送料が無料になっているので、買取査定を頼むときは10冊以上で依頼する方がお得です。


詳細ページ公式サイト

 

ブックリバー

売りたい本のISBN番号・バーコード番号を査定フォームに入力することで、本の買取査定をする前に、売りたい本の買取金額の概算を知ることが出来る「ブックリバー」

概算を事前に知ることが出来るだけでなく、専門書の買取金額も数ある買取業者の中でも
高いことで有名な買取業者という事で、使える買取業者です。

主な買取金額は以下の通りです。

例:専門書

リーガルベイシス民法入門2040円
家族法2400円
ACSスタイルガイド2080円
明解量子宇宙論入門1550円
担保物件法 現代民放31800円

例:参考書・問題集

大学入試完全網羅 生物基礎・生物のすべて1400円
日本一成績が上がる 中学地理ミラクルレッスン620円
高校の化学が1冊でまるごとわかる800円
大学入試 漫画で地理が面白いほどわかる本820円
国語(現代文)が1冊でしっかりわかる本750円

(本の状態などによって査定金額も変わってきます)

その他、査定金額が2000円以上で配送料が無料になるので、事前の概算金額が2000円以上になりそうだったら、実際に査定を依頼にかけるのが良いですね♪

詳細ページ公式サイト

ウリドキ

上記で紹介した2買取業者は、専門書を中心に買取している業者ですが、「ウリドキ」は、複数の買取業者のポータルサイトであり、「ウリドキ」が直接本を買取しているわけではないです。

しかし、本を1円でも高く売りたい場合は、複数の買取業者に同時に査定依頼をかけられ、比較検討してから買取依頼をかけられるので、結果的に専門書を高く売ることができちゃいます。

買取相場についても、たくさんの買取店から比較検討して決定するスタイルなので、決まった相場が決まっていません。
(売りたいモノの買取相場が事前に公式サイト上に書かれているので、目安として把握できます)

各ショップのレビューも公式サイト上に豊富にあるので、比較的評判の良い店を選別できるという点でおすすめです。

詳細ページ公式ページ

専門書について比較的安く査定されている古本屋

ブックオフ

全国にたくさんの店舗があり、宅配買取だけでなく実際に店舗に売りたい商品を持っていけるので使い勝手が最もよい買取業者のブックオフですが、買取査定金額自体は専門書については、様々な口コミ評判を比較検討すると、そこまで高くありません。(例:専門書20冊1200円など)

ただ、店舗によって買取査定金額が異なることが多いので、査定金額に不満がある場合は異なる店舗にて買取査定の依頼をかけることが出来るのが、ブックオフの最大の強みです。

詳細ページ公式ページ

ブックサプライ

ブックリバーと同じく、事前に買取相場を知ることが出来るブックサプライ。
方法としては、売りたい商品のバーコードをスマホで撮影して、その情報から事前に買取相場を把握するやり方です。

段ボールについても初回無料となるなど豊富なサービスが人気の買取業者ですが、専門書を売る場合においては買取相場はそこまで高くないとの口コミ評判が多い業者です。

詳細については以下のページにて詳しく書いていますので見てくださいね。

詳細ページ公式ページ

もったいない本舗

漫画・専門書・DVD・CDなど様々な物を取り扱っており、段ボール無料サービスなど豊富なサービスを提供している「もったいない本舗」

「買取手続きの便利さ」という点で他の買取業者に追随を許さないサービスを展開しているもったいない本舗ですが、「専門書を高く売りたい!」という希望を実現するためには、そこまで向いていない買取業者であるという口コミ評判が目立ちます。

詳しくは詳細ページに記載していますので、公式サイトと併せてご覧ください。

詳細ページ公式ページ

まとめ

専門書を高く査定してくれる傾向の高い業者・安めで査定してくる傾向が高い買取業者について紹介しましたがいかがだったでしょうか?

サービスについてもそれぞれの買取業者で異なりますので、自身にあった買取業者を選んで、1円でも専門書が高く売れることを願っています。