google adsense/ad/が一部で使用されています

【タイ語単語集】効率的に学べる単語集はどれ?口コミ評価の高い単語集の特徴を比較

  • URLをコピーしました!

タイ語を勉強しなきゃ!と思っても、日本の大型書店でもでなかなかタイ語の参考書・問題集を見かけないですよね。

という事で、この記事ではタイ語学習をするうえで、効果的に学べる単語集についてまとめています。

評価については、Amazon楽天市場YahooショッピングWowmaニッセンなど様々な複数媒体の評価を比較精査して加重平均しています。

目次

効果的に学習できるタイ語単語集は?

超基礎タイ語単語540+チェンマイ語・イサーン語・南タイ語

超基礎タイ語単語540 +チェンマイ語・イサーン語・南タイ語 [ 藤崎ポンパン ]

価格 1870円
発売元 TLS出版社
著者 藤崎ポンパン
ページ数 265ページ
平均評価 3.7

最低限必要な540語を選別、行動別・関連別の独自カテゴライズを行い
各単語に3地域の方言を併記した単語集で、初心者向けの本です。

CD2枚組が付属し、ローマ字・カタカナ・タイ文字の3表記で記されており、CDの発音は日本語・ゆっくりのタイ語。早いタイ語と速度を変えて収録しているのが特徴のタイ語単語帳です。

イサーン語が収録されている

イサーン語が勉強できます。ただ、検索がしにくい作りなので、実際に方言でのコミュニケーションに役立てたいと思うと使いにくい。

CDのテンポが良い

単語だけをとにかく聞き流せるCDはないかと探していて一番良かったのがこの本です。
日本語、ゆっくりのタイ語、早いタイ語で聞けてテンポいいので
携帯プレイヤーに入れて聞くのにもいいと思います。

検索機能が無いのはマイナス

「このイサーン語は標準語は何だろう?」と思った時に調べるのが大変。

方言そのものに興味があって、よくある表現をまとめて確認したい人には良いかもだけど、実際に方言でのコミュニケーションに役立てたいと思うと使いにくい。

キクタン タイ語(入門編・初級編)

キクタンタイ語(入門編) 聞いて覚えるタイ語単語帳 [ 上原みどりこ ]キクタンタイ語 聞いて覚えるタイ語単語帳 初級編/上原みどりこ【1000円以上送料無料】

価格 2200円
発売元 アルク
著者 上原みどりこ
ページ数 入門:167ページ・初級178ページ
平均評価 3.9

英単語で有名なアルクからのタイ語学習単語帳で、現在は「入門編」「初級編」の2種類のタイ語単語帳が出版されています。
入門編:タイ語のコミュニケーションでよく使われる単語と表現=528
初級編:タイ語の初級者が学ぶ616(+α)の語彙・表現
という事で、2冊をマスターすれば1500語ほどマスターできるようになっています。

CDは、男性と女性の声で切り替わるように収録されているので、飽きが来ないのが特徴の単語帳です。

丁寧なつくり

とても分かりやすいです。親切なので、初心者にはもってこいだと思います。

入門編のほうが初級編より検索がしやすい

入門編だと巻末に単語帳や色々なまとめがあって、調べるのがラクでしたが、初級編だと、巻末に固まっておらず、本の合間に書いてあり、調べるのが簡単ではないです。

タイ文字のフォントが小さい

タイ語でどう書くかを覚えたいのでタイ文字がとても小さくて黒文字であることと、フォントが小さいのがちょっと残念です。

タイ語 基本単語2000

聴いて、話すための タイ語基本単語2000

価格 1400円
発売元 語研
著者 水野潔・水野ワーサナー
ページ数 242ページ
平均評価 4.4

使用される場面や意味のまとまりで分類された基本単語2000語を項目別によくまとめられたタイ語単語帳です。
単語集としての評価は高いのですが、欠点としてCD・ダウンロードについては別販売となっているところ。(語研のホームページ(http://www.goken-net.co.jp/)でダウンロードできます)

真面目な単語集

別売になっている音声CDは書籍付属にしてほしいです。ただ真面目な単語集でちゃんと学習すれば語彙力は上がります。

いろんな使い方が出来る

どのページも見開き2ページで1単位なので好きなところから単語を覚えるという使い方も出来るし、最初から順を追って憶えるという使い方も出来るのが良いです。

少しずつ覚えるスタンスだと良い

一つの単位で紹介される単語は20前後なので、少しずつ憶えるという方には丁度良い数かもしれません。

パッと使える タイ語の日常単語帳4500

パッと使える タイ語の日常単語帳4500

価格 1980円
発売元 KADOKAWA
著者 スニサー・ウィッタヤーパンヤーノン
ページ数 437ページ
平均評価 4.8

日常単語を中心に4500語を収録している中級向けのタイ語単語帳で、非常に評価の高い単語帳です。
本書の特徴は以下の5つです。

  •  日→タイ語で4500語。
  • 発音記号+カタカナ表記付き
  • 覚えておきたい必須単語には「★」印
  • 「基本パターン52」を掲載しており、簡単な単語を集中して覚えられる
  • 「ちょっと役立つタイ豆知識」コラムの掲載

単語数が多い

この単語集は4500もあり、通常の単語集(1000語程度)と比べると、まとまった数が学習できるタイ語の単語集として、つかえる単語集です。

中級以上向け

単語を増やすために購入しました。単語が、学校関連、文房具関連、、、といったように細かく分類されているので、とてもよいです。頻出順に単語が並んでいるわけではないので、全くの初心者むけではありません。初心者向けのこういった本ですと、単語数が約1500語収録されていますが、それでは物足りない、もっと覚えたいという人のための本だと思います。中級以上でしょうか。

暮らしのタイ語単語7000 何から何まで行ってみる

暮らしのタイ語単語7000 何から何まで言ってみる ([テキスト])

価格 2750円
発売元 語研
著者 佐藤正透
ページ数 627ページ
平均評価 4.0

7000語を収録している本格的なタイ語単語帳です。(ページ数も他のタイ語単語帳に比べて圧倒的に分厚いです)
タイに長期駐在するサラリーマンの方や、タイに留学する学生の方の単語学習の本として1冊を辞書代わりに持っておくと、単語帳兼辞書的な役割を果たすのでお勧めです。

ほとんど網羅されている

ほとんど網羅されているので、調べたい単語が必ずすぐに見つかります。

実情にそった言葉が集められている

とにかくタイの生活の実情にそった言葉が集められているので読んでいて楽しいです。

さいごに

英語に比べて勉強素材が少ないタイ語。
当然、選択肢も少ないですが、逆を言えば、選ぶのに時間をかけなくてもよいメリットもあります。

今回ご紹介した単語集についても、それぞれ特徴があるので、目的に合った単語集が見つかることを願っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次