English

【英単語】偏差値向上に効果的な英単語のおすすめ勉強方法(偏差値40⇨50編)

こんにちは。今回は英単語の使用方法について、偏差値別で書いていきたいと思います。

今回は偏差値40から45の方を対象にした英単語の選び方と、そのレベルにあった方向けの使用方法について書いていきたいと思います。

英語が全く分からないという高校生や、英語を勉強し直したい大人の方向けの記事になります。

※私が実際に成績を伸ばした方法を記載しますので、全ての方にとって有益な情報ではありませんが、私自身は成績が偏差値45⇨70(河合塾全統模試)、京都大学合格、Toeicも950以上とれた方法の一部なので、一定の方にとっては有益だと思います。

おすすめ対象

・英単語の使い方が全く分からない高校生

・英語の学習をやり直したい大人の方

英単語の選択

Amazonや楽天ブックスなどのネット通販、紀伊国屋やジュンク堂などの大型書店で英単語のコーナーを覗くと、ものすごくたくさんの英単語の本がありますよね。

どの英単語本を選べばよいのか分からない・・orz

このように、英単語を勉強する前の英単語帳を選ぶ段階で、もう訳が分からなくなりますよね。
訳の分からない単語帳や、覚えにくい単語帳も沢山あります。
私が初学者に良い英単語帳をおすすめする基準の一つとして、「情報を詰め込みすぎない」本を選ぶことを勧めます。

例えば、同じページに英語・意味・派生語・同異義語・例文など全部覚えようとすると、只でさえ意味も分からないのに、よけい頭がショートを起こしてしまいます。

そんなショートを避けるためにも、シンプルな単語帳を選ぶことをお勧めします。

シンプルでおすすめな英単語帳と使用方法

英単語ターゲット1400(旺文社)

この単語帳のポイントはこんな感じです。

(到達地点)
大学入学共通テストから中堅私大レベル

(特徴)
①大学入試データベースから、レベル分けに応じた「出る順」構成
②無料音声ダウンロード

ターゲット1400には、英単語と意味以外に、補足情報・例文などがありますが、このレベルの学習者の方は、まずは意味を叩き込むのが先決なので、これらは読み飛ばした方が良いです。

使い方としてはこんな感じで使用すると成績を伸ばしやすいです。

  1. 英単語と日本語の意味を照らして理解する
  2. 赤シートで日本語の意味を隠して暗唱する
  3. 1ページ(5~7単語)を同様に繰り返す
  4. 英単語を「声に出しながら」アクセント確認をしつつ暗唱
  5. それを5ページごとに繰り返していく

 

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

この英単語帳のポイントはこんな感じです。

(到達地点)
大学入学共通テストから中堅私大レベル

(特徴)
①単語だけでは覚えにくいので、ミニマル・フレーズで覚えるタイプ
②必出1500語、多義語180語で、基礎単語をカバーできる

単にexchange(交換する)と覚えるより、exchange yen for dollars(円をドルに交換する)と覚えるほうが、意味に脈ができるので頭に入りやすいというコンセプトの本です。

使い方としてはターゲットと同じく、「シンプルに使う」方が英語上達の早道です。

速読英単語 入門編(Z会)

この英単語帳のポイントはこんな感じです。

(到達地点)
大学入試基礎レベル・基礎私大レベル

(特徴)
①英文の中で覚えるタイプ
②入試基礎単語約700語を掲載

どうしても単語だけでは頭に入らない方は、文中で覚える速読英単語をお勧めします。
ただ、偏差値40レベルの方は基礎が抜けている方が多いので、必修編や上級編ではなく、入門編をマスターするほうが結果的に近道になります。

この本の使い方としては、以下の通り。

  1. 単語と意味を照らし合わせる
  2. 単語の意味をまずは覚える
  3. 文章にトライ
  4. 文章を3回読む
  5. 次のテーマに進む

という感じで、読み飛ばすのではなくしっかり繰り返すことが重要です。

まとめ

①英単語ターゲット

②システム英単語BASIC

③速読英単語入門編

のメジャーな本と特徴・使用方法を紹介しました。どの本を採用するにしても、この段階の単語は難しい単語も少ないので比較的暗記もしやすいと思います。

とにかく、短く区切って繰り返すことが重要なので、派生語や類義語・対義語などは気にせず、情報を限定して、限定した情報を徹底的に覚えていってください。

1冊終わるごろには偏差値10UPの英語単語力が身についているはずです。