English

【英単語】偏差値向上に効果的な英単語本のおすすめ使用法(偏差値60⇨70)

こんにちは。

今回は偏差値60前後の方がもうワンランク上のステージに上る為の英単語の選び方と使用方法について記載していきたいと思います。

偏差値40の方が50にあげるのは比較的簡単ですが、60⇨70に引き上げるのは労力がかかりますので、他の勉強などの時間との兼ね合いで、英単語にかける時間を決めて頂ければと思います。

※私が実際に成績を伸ばした方法を記載しますので、全ての方にとって有益な情報ではありませんが、私自身は成績が偏差値45⇨70(河合塾全統模試)、京都大学合格、最終的にはToeic950まで伸ばした方法の一部なので、一定の方にとっては有益だと思います。

おすすめ対象

  • 偏差値が60前後から中々上がらない方
  • もう一段階上の大学に行きたい受験生
  • 英単語が好きな社会人
  • Toeicで高得点を取りたい人

偏差値60前後の方向けの英語勉強法

英語の勉強は比較的得意で大学入学共通テスト(旧センター試験)の模擬試験でも安定して8割前後はとれるけれど、志望大学に合格するためにはもう一段階レベルを上げたいと考えている方も多いと思います。

このレベルの方の陥る問題としては・・

勉強しているのに成績がついてこない
もっと効率的に単語は覚えられないの?

と感じている方が、多いようです。(大学時代の塾講師・家庭教師で得た感想)

旧帝国大以外・医学部以外の国立大学を受験される方ならば、このあたりの学力が、最終到達地点ですが、旧帝国大以上を目指す方であれば、もう一歩踏み込んだ学習をする必要があります。

では、具体的にはどのような学習をすればよいかですが、英語はリーディング・ライティング・リスニングなどの総合力なので、単語ばかりを勉強していても成績にはあまり結び付きません。

なので、このレベルでの英語の勉強方法としては、沢山の英文を読み込んでその中で知らない単語を覚えていくことが重要です。

でも、これってけっこう面倒ですよね。。。

という事で、単語・リーディング・リスニングを同時に鍛えられる単語本を用いて徹底的に読み込むことをおすすめします。

①速読速聴・英単語Core1900(Z会出版)

この本の特徴はこんな感じです。

(到達地点)
受験生:旧帝国大学レベル・医学部レベル
社会人:Toeic800台

(特徴)

①速読、速聴、単語、熟語、時事知識が同時に身につく本です。
(扱う分野も「「環境」「教育」「政治・国際情勢」「司法」「科学・テクノロジー」と多岐にわたるので、幅広い時事知識もつきます)

②コアとなる1900語
(ターゲット1900やシステム英単語と同等かやや高いレベルなので、重複はありますが、2冊することで網羅性が広がります)

 

付属CDがあるので、リスニング教材としても使えますよ

この本の効果的な使い方としては

  1. 文章を読んで意味を捉える
  2. 知らない単語を付箋でチェック
  3. 知らない単語をなくす
  4. 再度読み込む
  5. 通学・通勤時にCDで繰り返して聞く

を1セットとして、5回ほど繰り返す。⇨次のSECTIONへ。
というやり方が短期記憶的にも長期記憶的にも有効かと感じます。

②DUO3.0(アイシーピー)

この本の特徴はこんな感じです。

(到達地点)

Toeic800台
旧帝国大学・国立医学部合格レベル

(特徴)

①重複なしの560の英文の中で、重要単語1600語と重要熟語1000語をマスターできる
②圧倒的に効率的

560の英文の中に2600の英単語・熟語が詰まっているので圧倒的に効率的に英単語をマスターできます

この本のおすすめ使用方法は次に通り

  1. 文章を読む
  2. (知らない単語があれば)覚える
  3. 10文を読む
  4. 5回繰り返す
  5. 次の10文をよむ

を繰り返して560まで覚えていってください。
※一気に560文を通読しても効果的でないのでおすすめしません。

尚、CDも別売りで販売されています。DUOで勉強する場合はCDは必須なので、併せて買ってください。(理由:音で聞き取れるようになれば、定着率が大幅に上昇する)

③AII IN ONE(Linkage Club)

この本の特徴はこんな感じです

(到達地点)
Toeic860
最難関大学合格レベル

(特徴)

①1冊で英単語・リーディング・文法など複数の事が出来てしまう効率性
②419個のコンパクト文に、単語・熟語3710語

台湾、中国、韓国でも同時翻訳されているベストセラーです。

この本は、文法・構文などを1冊で網羅しているので、上2冊に比べてかなり分厚いですが、文法本・構文本・リーディングなどを分けて勉強する時間的コストを凄く短縮できるので、相当良い本です。

まとめ

単語については、メインとなる(速読英単語必修編・ターゲット1900・システム英単語)に続く2冊目の立ち位置となるので、どの本を選んでも良いと思います。

時間のない人はDUOを、時事知識をつけたい方はCOREを。1冊で最大限の効果を上げたい方はALL IN ONEをおすすめします。