English

【英文法】偏差値向上に効果的な英文法本・おすすめ使用法(偏差値60以上の方対象)

英文法本のおすすめ・効果的な使用法について、偏差値別で記載していきたいと思います。

j今回は偏差値60以上の方を対象にした英文法本の選び方と、そのレベルに合った方向けの使用方法について書いていきたいと思います。

記事のおすすめ対象

  • 現在の英文法の偏差値が60前後の方
  • 英語のやり直しをしている社会人・主婦の方などで、一定の英語力がある方むけ

偏差値60の方向けの英文法本の選択

偏差値60ほどにもなると、基礎学力が十分についていることと思います。
この層の学生には、さらなる飛躍のためにもう一段階UPに向けた勉強が必要になってきます。

進学校の方であれば、NextageやUpgradeを1周は終えていて、他にもう一冊入れて知識を確固たるものにすべく勉学に励んでいると思います。

1周をNestageやUpgradeで終えているのであれば、その問題集をもう2周は繰り返してする方が効率的です。

もし、3週以上しているのであれば、問題自体を暗記している可能性が大きいので、別の問題集を挟んで、いつもとは異なる感じでの問いに対応する能力を磨く方がのちに成績が向上するのでおススメです。

同じ問題集を3回繰り返した後は、同種の別の問題集で力試しをする

 

英語力向上に効果的な英文法本・おすすめ使用法

大学入試 全レベル問題集 英文法 5私大最難関・国公立大レベル

大学入試 全レベル問題集 英文法 5私大最難関・国公立大レベルの内容はこんな感じです。

(到達地点)
偏差値70前後・旧帝国大・難関私大

(特徴)
入試レベル別にした問題集の大難関バージョンです。
スクランブル/Nextage/Upgradeなどの網羅本をこなした方の腕試しとして丁度良いです。

薄く、短い期間でできる為、最後の追い込みの総復習にも適しています。

②新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ) のポイントはこんな感じです。

(到達地点)
偏差値70前後・旧帝国大学

(特徴)
700の英文の暗記本です。
一見、無味乾燥な勉強法に見えますが、「本物の英語力」を鍛える視点から見ると理にかなった本です。
700はきついと思う方は300語のライト版もでています。

駿台の有名な講師の伊藤先生の本です。
昔から東大京大阪大などの有名校の学生はこれをしていた方が多いです。

ALL IN ONE

ALL IN ONE のポイントはこんな感じです。

(到達地点)
旧帝国大・最難関私大

(特徴)
合計419個のコンパクトな例文(音声にしてわずか70分)の中に、英検2級~準1級レベルの英語の(最)頻出単語・熟語3710語がギュッと凝縮され、さらに「文法の全範囲」までもがしっかり網羅されています。

英文の中に、英単語・英文法・リスニング・リーディング・発音のポイントが1冊になった本です。効率的な観点から見れば最高クラスです。

まとめ

大学入試 全レベル問題集 英文法 5私大最難関・国公立大レベル

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)

ALL IN ONE

いずれも、ある程度英語が分かった方向けの英文法の本で、体型的に分かりやすく記載しています。もちろん評価もいずれも高いし、実際私も一読して良い物ばかりを載せました。

勉強法としては、ただ読み進めるだけでなく、適度な所で読み直ししながら進めていくと、頭に入りやすいです。

これらの本を終えた段階になると、どの大学でも通用する英語文法力ができているので、それまで頑張ってくださいね!