English

【英文法】偏差値向上に効果的な英文法本のおすすめ使用法(偏差値40⇨50)

こんにちは。今回は英文法の勉強方法について、偏差値別で書いていきたいと思います。

偏差値40前後の方を対象にした英文法本の選び方と、そのレベルにあった方向けの使用方法について書いていきたいと思います。

私が実際に成績を伸ばした方法を記載していますので、全ての方にとって有効ではありませんが、私自身は成績が45⇨70(全統模試)、京都大学合格、TOEIC950以上取れた方法の一部なので、一定の方には役立つ情報と信じて書いています。

記事のおすすめ対象

  • 英文法が全く分からない学生の方
  • 英語の学習をやり直したい大人の方

英文法本の選択

楽天BOOKSやアマゾン、紀伊国屋書店や丸善などの書店で英文法本のコーナーを覗くと、ものすごくたくさんの英文法本が並んでいますよね。

どの英文法本が良いのか全然分からないよ

ただでさえ英文法の方法が分からないのに、この時点でもう訳が分からない状態です。
しかも、英文法って英単語などの他の書籍と違って一冊一冊が分厚いです。

でも、有名な英文法本の「Forest]などの本を初学者の方が覚えようとしても、相当厳しい戦いになっちゃいますね。しかも、全然楽しくないし。

なので、この段階の学習者の方は分厚い文法本ではなく、簡単で全体がわかる本を1冊頑張る事をお勧めします。(分厚い英文法本は辞書的な使用法で1冊持っておくことを勧めます。

分厚い英文法本ではなく、分かりやすい英文法本を選ぶ!

シンプルで分かりやすい英文法おすすめ本とポイント

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】(東進ブックス)

「大岩のいちばんはじめの英文法」のポイントはこんな感じです。

(到達地点)
大学入試基礎レベル到達

(特徴)
・中学レベルの英文法から復習していくスタイル(中学レベルの英文法は少量)

・本当に必要な基礎を厳選して分かりやすく解説されている(24講義で1冊網羅しています)

英文法の勉強を始めたは良いものの。他の英文法本で挫折した人や続かない方向けの本です。

②大学入試 世界一わかりやすい 英文法・語法の特別講座(中経出版)

「大学入試 世界一わかりやすい英文法・語法の特別講座」のポイントはこんな感じです。

(到達地点)
大学入学共通テスト8割レベル

(特徴)
・予備校講師の語り口調による英文法勉強スタイルです。
(文字ばかりを追うのが苦手な方には最適)

・入りのレベルは低いけれど、到達点は比較的高いレベルまでの参考書
(その分、ボリュームがあります)

 

テーマが81あり、PAGE数は444ページあるので、初学者にはボリュームはありますが、すごく分かりやすい本なのでおすすめ本として紹介しました。

③新装版 英文法のトリセツ じっくり基礎編(アルク)

「新装版 英文法のトリセツ じっくり基礎編」のポイントはこんな感じです。

(到達地点)
大学入試基礎レベル

(特徴)
・英語の成績の悪い方の多くは英文法が全く理解できていない方が多いので、基礎の基礎のレベルから立て直すのに最適な本

・「不定詞」や「動名詞」といった項目をあえて外し、「品詞」や「文のカタチ」など英文法の基本中の基本をベースに、英語と日本語との根本的な違いや、使い方とその注意点について「じっくり」解説している本

中途半端に進むより、基礎の基礎から戻る方が「早道」という事も多いです。

まとめ

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】

大学入試 世界一わかりやすい 英文法・語法の特別講座

③新装版 英文法のトリセツ じっくり基礎編

いずれも、英語初学者向けの英文法本なので、どの本を採用するにしても、英語の基礎を分かりやすく書いているので、効率的な勉強ができると思います。

勉強法としては、単に読み進めるのではなく「短く区切って」何度も読み直すことが重要です。
この段階が一番苦労しますが、この期間を乗り越えると一気に成績が伸びますので頑張ってくださいね。