English

【シャドーイング】効果的にリスニング力を鍛えるシャドーイング方法を簡単解説します

何十年も前から、通訳の訓練法として使われている「シャドーイング」
一般的にリスニング・スピーキング・発音矯正などに大きな効果があると言われていますが、シャドーイングを実際にやってみると凄く難しかったという経験ありませんか?

今回はそんな経験を克服するためのノウハウのヒントとして、「シャドーイング」についてのステップを分かりやすく書いていきます。

効果的って言われてるけど、そもそもシャドーイング自体が続かないorz
私が実践したシャドーイング法を紹介するので、ひょっとしたら改善のヒントになるかもしれません

この記事のおすすめする人

・リスニング力を勉強したての方

・リスニングの伸ばし方が分からない方

・とりあえず暇だから記事を読んでくれる奇特な方

シャドーイングとは?

シャドーイングをwikipedeiaで検索すると、以下のように書いていました。

シャドーイングとは、(イヤホンなどで)音声を聞いた後、即座に復唱する実験技術である。 言葉の聞き取りと発音の間の反応時間254ミリ秒から、150ミリ秒までの短さになる。 これは、発声の音節の長さの遅れといえる。対象者はただ復唱するように指示されても、自動的に文法や意味処理する。 シャドーイングで復唱される言葉の方が、単に音読する場合より、より口調などの模倣が忠実に行われる。

出典:wikipedia

つまり、漠然と英語を聞くのではなく、「真似をしようとして聞く」⇨「復唱する」という方法です。

真似をすることでの効果として

  1. ネイティブの話すスピードに慣れる
  2. 耳・口の複数の器官を利用して言葉に慣れる
  3. スピーキングや発音にも効果がある

等の効果が「シャドーイング」によって生み出されます。

シャドーイングの挫折の原因

シャドーイングって効果は有るのはわかるけど、飽きやすいし続かないよね。

このように、シャドーイング自体が飽きやすい勉強方法である為、継続すれば伸びるとわかっていながら継続しない人も多いです。

この「飽き」こそがシャドーイングが続かなくなる主な原因であり、この「飽き」を悪させる事がシャドーイングの成功への近道です。

次に、「飽き」を出来るだけ減らすシャドーイングの方法について記載していきます。

教材の選び方

これはすごく重要な要素ですよね。
恐らくこの記事を読んでいる方は「シャドーイングに興味があるけど、結果を出せていない人」だと思います。(実力がある方はそっと閉じてくださいね(´;ω;`))

そんな方にとってのシャドーイングの教材選びについて重要なポイントは以下の3つです。

  1. スピードが速すぎない
  2. 綺麗な音声データ
  3. 興味がある内容を取り扱ってるもの

①の理由としては、読むスピードが速すぎると、頭がこんがらがってしまい、結局消化不良を起こしてしまいます。⇨「シャドーイング難しい」 ⇨ 「難しいからやーめた」って億循環を起こしてしまい、結局やめてしまいます。

②の理由としては、変な方言が入っていたりスラングが入っていても、初心者の方は、逆に頭が混乱してしまい⇨「シャドーイング難しい」 ⇨ 「難しいからやーめた」って億循環を起こしてしまい、結局やめてしまいます。

③の理由としては、興味のない内容を聞いていても、退屈なので・・・結局「やーめた」ってなってしまう可能性が高くなります。

発音や文法って意識するの?

ぶっちゃけ、初心者レベルの方は意識すると逆効果なので意識しない方が良いです。

まずは英語の「音」になれることを最優先して,慣れてくださいね。

その後、慣れてきたら「単語」「アクセント」等を意識して覚えていけば自ずと英語力はアップするので心配しなくて大丈夫です。

音に慣れる事を優先してくださいね

シャドーイングはどのくらいすればよいの?

シャドーイングやリスニング等は、一気にがっつりするよりも毎日少しずつでよいので、継続して行った方が効果が出ます。

なので、飽きが出来るだけ来ない為にも、通勤や通学の時間を使って1日10分でも良いので継続して学習してください。

2か月後には、かなりの効果が出ているはずです。

おすすめの教材ってあるの?

基本、「教材の選び方」にそった教材なら、どの教材を使って頂いても構いませんが、教材自体分からないかたであれば、とりあえずNHKラジオテキスト講座をお勧めしておきます。

理由:様々なテーマを簡単にして取り扱っているために、飽きが来ないから。

さいごに

シャドーイングって慣れるまでは大変ですが、慣れれば一気に英語力が上昇します。
なので「飽き」が来ないように楽しくシャドーイングが出来るように、「すき間時間」を最大限に有効位活かして、楽しくリスニング力を鍛えていきましょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。